リピーターも増えてます。転職ならパソナキャリア
転職で迷ったらJAC Japan。最新求人6500件公開中。

2007年03月15日

自己分析をしてみよう!

うーん、久しぶりの更新!
ほったらかしブログなのに結構アクセスをいただいていてありがたい限りです。一応、本業は別にありますので、どうかご勘弁を。


さて、早速本題にはいりましょう。

就職・転職を考えている方は「これからどのような仕事をしようか」ということを探しているわけですが、これは掘り下げて考えれば、「どのように生きていくか」を突き詰めていくことになると思います。よく言う話ですが、「どのような職業を選ぶか」よりも、「どのように生きるか」が大事なのであって、たまたまその手段としての「仕事選び」なんですね。

そういう「人生」という大きなテーマを考える際に、方向付けの土台となるのが「自己分析」。面倒くさいと思う人も多いと思いますが、今回は簡単な方法をご紹介するので、ぜひお試しください。
以前書いた「面接対策その2」ともリンクするので、そちらもご覧いただけると面白いと思います。



1.性格・性質のあらいだし(振り返り)

まず、自分はどのような人間なんだろうということを考えてみたいと思います。その際、次のようなフレームワークで考えてみると整理しやすいです。

■あなたの長所・短所
■これまでの成功体験・失敗体験
■これまで一番うれしかったこと・悲しかったこと
■あなたができること・できないこと
■あなたが一番大事だと思っていること・不要だと思っていること
■あなたの育った環境で良かったこと・悪かったこと
■あなたの友人で多いタイプ・少ないタイプ
 ・・・などなど。

基本的には「SWOT分析」と同じです。
自分の+(プラス)と−(マイナス)な部分を色んな角度・項目で列挙してみましょう。改めて考えてみると面白いですよ。上にあげただけでなく、自分で項目を増やしてもいいです。
さらに、友人・知人から客観的な意見を聞くと効果倍増です。あなたが考えている自分と、友人が考えているあなたの同一点またはギャップを知ると、今後の行動が変わりますよ。



2.自分の考えを整理する

前項で列挙された「あなたの性格・性質」を見ていると、自分の人生をどのように方向づけているか、またはどのように方向づけたいか、何となく見えてくると思います。
ここではそれを明確なものとすべく、前項で列挙された内容と次にご紹介するフレームワークをもとに、「現在の自分」と「未来の自分(あるべき像)」を考えてみましょう。

■前提:人生において絶対に譲れないこと(あなたの理念)
例)正直に生きる、誠実である、努力を怠らない、合理的に考える、友人を大事にする、家族を大事にする、リーダーとして周囲を引っ張る、金に困らない生き方をする、・・・等々。

■それを踏まえて、現状と未来(あるべき像)を整理
「現在の自分」
(誰に対して、どのようなことを、どのような形で提供しているか・影響を与えているか)
  ↓
「未来の自分」
(誰に対して、どのようなことを、どのような形で提供したいか・影響を与えていきたいか)



3.ギャップを埋める手段を考える

ここまで来ると自己分析の最終段階で、少し具体的な内容になります。
前項において、現状と未来(あるべき像)を考えてみると、そこには大きな「ギャップ」があるのではないかと思います。理想に近づくには、この「ギャップ」を埋める手段を考える必要があります。

その手段とは、これがまさに「仕事」になるわけです。

「自分が何をやりたいのか」悩んでいた人も、こうしてあなたのあるべき像が見えてくれば、「仕事選び」はずいぶんやりやすくなるはずです。
もしくは、今まで何となく「この会社に入れたらいいな」とか「こんな職種がいいな」と感じていた人も、こうして自己分析をしてくると、なぜその仕事を選ばなければならないのかという「必然性」を感じるようになり、面接での説得力が数段高まるはずです。



さて、ここまでは楽しい空想の世界。
現実の就職・転職活動では思い通りにならないこともあると思いますが、「現状」と「あるべき像」を明確にしておくことは非常に重要です。なぜなら、方向付けをしておけば、自分のやるべきことが見えやすく、行動に迷いがなくなるからです。
逆に、方向付けができていないと、どこに向かって進めばいいかわからず、ダラダラとした人生になってしまう危険性があります。(こういう人生も、まあ悪くはないですが)


あと注意しておきたいのが「一度決めたからと言って、必ずしもその考えに固執しなくてもよい」ということです。
方向付けというのは人生の根幹にかかわる部分ですから、安易に変えることは避けるべきです。しかし、あなた自身の考え方が変わることは必ずしも悪いことではありませんし、周りの環境が変わることも大いにありうるので、状況に応じた対応が必要になるケースは十分ありえます。

たまに自己分析をやり直して「リセット」してみるのも楽しいですよ。軌道修正する部分が出てくるかもしれません。


今回ご案内した自己分析のフレームワークは、実を言うと経営学で出てくる「経営戦略の立案プロセス」をカスタマイズしたものです。
「会社(組織)」も「人」も、考え方は同じなんですよね。
このフレームワークは自己分析だけではなく、仕事の進め方や、組織運営を考えるときにも当てはめることができますから、ぜひ使ってみてください。

















posted by ポン太 at 05:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 面接対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月22日

面接対策 その5 「面接対策を通じて」

人材紹介会社にいた頃、私は面接対策指導をかなり得意としていました。面接対策をしなかった人・他の担当者と対策をした人と比べて、私が担当した人は高い面接通過率となっていました。
今回はそのノウハウを公開しちゃう、その5です。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

ここまで面接について色々と書いてきたのですが、一応まとめを書いておこうかなと思います。

■真の目的は面接通過にあらず

数回に分けて長々と面接対策を書いてきたわけですが、もし全部読んでくれた人がいたら、本当にありがとうございます。内容的には、実体験と実務経験を基に書いているので、参考にしていただけることもあるんじゃないかなと思います。

さんざん面接対策を書いてきましたが、面接というのは通過点であって、本当の目的は「面接を通過した後どのように働くか」です。だから、面接は通過すれば良いんじゃなくて、面接を通じて自分を見つめ直し、自分を鍛えることに価値があるんじゃないかと思います。

面接をいくつも受けていくと、落ちることだってあります。いや、むしろ落ちることが普通です。私が入手したデータでは、業界や職種、年齢によってバラツキはありますが、転職希望者が応募から内定をとる確率というのはおおよそ10%でした。つまり、10社応募して1社受かるぐらいの確率です。
興味のない会社に応募する必要はありませんが、落ちることを恐れず、積極的にトライする必要があります。できる限りの準備をおこなって面接に臨んでいけば、結果はどうあれ、きっと何かを得ることができるはずです。

実際に、面接をクリアしていくことによって、レベルアップしていく人をたくさん見てきました。逆に言えば、新しい環境で戦っていくためには、そうやってレベルアップしていくことが欠かせない要素なのではないでしょうか。

幸運を祈ります!

posted by ポン太 at 02:52| Comment(0) | TrackBack(1) | 面接対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月21日

面接対策 その4 「緊張をどうコントロールするか」

人材紹介会社にいた頃、私は面接対策指導をかなり得意としていました。面接対策をしなかった人・他の担当者と対策をした人と比べて、私が担当した人は高い面接通過率となっていました。
今回はそのノウハウを公開しちゃう、その4です。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

面接については、いくら書いても書き足りない!のですが、とりあえず今回は「緊張」をテーマにしたいと思います。


■あなたは緊張しますか?

緊張しやすい人がいたら、それはとても良い事だと言ってあげることにしています。そういうスリルって人生には必要だと思うんですよ。緊張感のない生活なんてつまらない!

それにしても、緊張するってどのようなメカニズムなんですかね?医学的なことはわかりませんが、神秘的だなー、なんて思ったりもします。

さて本題に入りますが、私が思うに「こういう緊張はしたくないなー」というのがあります。それは「準備ができていない不安からくる緊張」です。ハッキリ言って、こういう緊張の時は大体失敗するパターンです。面接で言えば、面接対策その2その3で述べたような準備をしていない時です。
少なくとも、入社したいと思って面接を受けにいくのですから、しっかり準備をしておくべきなんです。わかってはいるけど、忙しかったり、怠けてしまったりして、準備をしない。残念ながら、この場合は嫌な汗をたっくさんかいて、ただただ早く終わってほしいと思いながら面接を受けるしかありません。

じゃあ、準備をしたら緊張はしないのか?
いえいえ、そうでもありません。きっとガチガチに緊張しちゃうんですよ。ただし、キチンと準備している場合の緊張は種類が違う。
この緊張は不安を表すものではなく「自分に対する期待の表れ」なんです。
頑張って準備してきたから、きっとうまくいく。ダメかもしれない。いや、うまくいってほしい。そういう気持ちの表れなんです。だから、しっかり準備をしてほしい。こういう緊張感を味わいながら面接を受けたいんです。


実はここまでが前提条件。緊張をコントロールするためには、前提条件はクリアしておきたい。準備ができた人向けの手法をご案内します。


■緊張していることを認識する。

緊張するっていうのは、決して悪いことではありません。「適度な緊張」とか言うぐらいですから。まずいのは「緊張していることを認識できないぐらい緊張している」状態です。つまり、完全にアンコントローラブルな状態になってしまっているわけです。これは避けたい。
面接当日の朝、直前、いつでもいいので「緊張している?良し良し、緊張しているぞ」と、自分に語りかけてみてください。緊張していることを認識できれば、コントロールできていると言ってもいいぐらいです。こうなれば緊張は恐れるに足らず、ですね。
よく「手に人って書いて飲み込む」って言うじゃないですか、あれって「緊張していることを認識しようとしている」ことなんじゃないかな、って思うんですよ。


■結果を考えすぎない。

結果は思うようにいかないことが多いのが人生。結果を考えると不安になりますよね。良い結果を出そうとすればするほど、ガチガチに緊張してしまいます。かと言って、初めからあきらめて面接に臨む、というのもどうかと思います。悟りを開いた人ならできるのかもしれませんが、あなたの武器である前向きな姿勢がアピールできなくなくなる可能性が出てきます。
何が言いたいかというと、「結果」というのは他人が関与する要素が多いので、自分でコントロールすることが難しい、ということなんです。だからこそ、自分でコントロールできる「過程」を大事にしたいじゃないですか。
「人事を尽くして天命を待つ」という言葉がありますが、まさにそれです。あなたは面接に臨むにあたり、しっかり準備してきた。だから、緊張しようがしまいが、面接前に勝負はついているのです。

結果はただ受け入れるのみ!



今回の記事はかなり精神論でした。こういうの好きな人は好きだけど、嫌いな人は嫌いなんだよなー。

posted by ポン太 at 16:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 面接対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

面接対策 その3 「論理的に話せているか」

人材紹介会社にいた頃、私は面接対策指導をかなり得意としていました。面接対策をしなかった人・他の担当者と対策をした人と比べて、私が担当した人は高い面接通過率となっていました。
今回はそのノウハウを公開しちゃう、その3です。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

前回は面接対策の「核」となる部分でした。今回は話し方についてまとめてみます。


■論理的に話せているか?

話が長い人っていますよね?実際には長いんじゃないんです。「長く感じさせられている」のが正しい。話の面白い人だったら、どんなに長く話していてもあっという間に感じます。急に話のウマイ人になるのは難しいですが、ひとつ心がけてみるとだいぶ印象が変わります。
それは「論理的に話す」ということです。具体的に言うと「結論を先に述べる」クセをつけるだけで、格段に頭がよさそうで論理的な話し方に聞こえます。(「論理的話法」というのは結構奥が深いのですが、ここでは面接対策ということでごく単純にまとめます。)
つまり、
「結論」→「理由」(それは○○です。理由は・・・)
「結論」→「説明」(それは○○です。と言いますのも・・・)
という話の流れを組み立てると、「結論」を言った時点で相手は「理由」「説明」を聞きたくなってくるはず。こうなると話を長く感じることなんてありません。
プラスアルファのテクニックとして、「先に数を明示する」というのがあります。政治家の野田毅氏が以前テレビによく出ていた頃、これが抜群にうまかった。何を聞いても「その理由は3つある。まず・・・」と切り替えしていて、すごい頭の良い人だと感じたものです。何でも3つ前後にまとめると丁度良いです。
考えが完全にまとまっていなくても「その理由は3つあります。まず・・・」と先に言ってしまい、考えながら話すという方法もありますよ。エキスパート向けなのでオススメしませんが、訓練としては効果があると思います。

先に述べた、「結論」→「理由」の中で「先に数を明示する」テクニックも組み合わせると、かなりわかりやすい話し方になります。
(例)それは○○です。理由は3つあります。まず・・・


完全にこのスキルを会得するには訓練が必要ですが、想定される質問に対して事前に準備できるものはしておくと、本番では効果絶大です!

あと前提条件として、事実(うそはつかない)を、明るく、前向きに話すことが絶対に必要。そういう印象の部分って、ある意味、一番大事です。
これは気合で実行できる!頑張れ!

posted by ポン太 at 11:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 面接対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

面接対策 その2 「面接で何を聞かれるか」

人材紹介会社にいた頃、私は面接対策指導をかなり得意としていました。面接対策をしなかった人・他の担当者と対策をした人と比べて、私が担当した人は高い面接通過率となっていました。
今回はそのノウハウを公開しちゃう、その2です。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

前回はほとんど本題に入れませんでしたので、今回は具体的な面接対策に入ります。

まずシンプルに考えて、面接で聞かれることは「4つ」だけです。それは、

1.これまでの経験
2.転職理由
3.志望理由
4.今後、何をやりたいか


どうです?単純でしょ。
実際の面接では色々な角度から質問されますが、大体はこの4つに集約されます。(彼氏はいるのー?なんていう古き良き質問はもちろん除外です)だから、この「4つ」をじっくりとまとめておけばそれなりに答えることができるはずです。さらに言えば、1.の質問は「過去」を、2.3.は「現在」を、4.は「未来」を問う質問で、面接者に対して時間軸で質問を投げかけることによって、その人の人格を理解しようとしていることがわかります。


もう少し細かく対策をお話しましょう。


1.これまでの経験

学生時代、社会人になってから、どのようなことをして、どのように考えたか。履歴書・職務経歴書を書きながら、振り返ってみてください。そして、どのような成果を出したのか、その結果どうなったのか、思い出してください。ただし、ウソをつくのは絶対駄目です。どうせばれます。大げさに言うのは全然OK!むしろ良い成果は大げさに言いたい。
「あまりアピールすることがないなー」という人がいるかもしれませんが、絶対そんなことはないはず。きっと何かしらアピールできるものがあるのに忘れているだけです。時系列で「今までどのようなことをやってきたか」書き出せば、きっと見つかります。
このあたりは履歴書・職務経歴書の書き方とリンクする部分なのですが、いい機会ですから「自分の過去ストーリー」を書いて思い出してください。


2.転職理由

転職理由っていうと、なんだか後ろめたいような理由を話す人が多いんですけどそれは避けたいところ。ポイントは「前向きに答える」ということです。この「前向き」っていうのがクセ者で、ここで失敗しちゃう人が多いんです。
現実問題として、「今の年収が低いから転職したい」が転職理由の第1位です。他にも「人間関係がうまくいっていない」「忙しいから転職したい」って言う人も多いです。しかし、大人としてこうやってバカ正直に答えていいのでしょうか?それは全然ダメです。
モノは言い様というわけではありませんが、じっくりと考えてみると、マイナスイメージの言葉の中に、前向きな理由を生み出すことができるケースがほとんどではないですか?
例えば、
 a)「今の年収が低いから転職したい」
  →「もっとやりがいのある仕事をして成果に応じた報酬をもらいたい」
 b)「人間関係がうまくいっていない」
  →「問題のある職場だったが、環境を変えて心機一転頑張りたい」
 c)「忙しいから転職したい」
  →「つまらない仕事で時間ばっかりかかる。本当はもっと興味のあることをやりたい・見つけたい」
一見マイナスに思えた理由でも、別の側面から考えると前向きな理由が必ず出てきます。同じことを言うんだったら、前向きな気持ちで話したほうが絶対良いですし、無理やりにでも前向きな言葉に転換して行けば、気持ちが乗っていきます!

大人な回答例としては次のようなものがあります。
「現在も充実した環境なのですが、より責任あるポジションで活躍していきたいと考えるようになり、転職を決意しました。」
「現在も充実した環境なのですが、より○○な環境で○○に打ち込んで専門性を高めていきたいと考えるようになり、転職を決意しました。」(どのような専門性か具体的にしておく必要があります)
転職理由第1位である「年収をUPさせる」というのは、「より責任あるポジションで働きたい(=ポジションが上がれば収入UPにつながる)」「もっと専門性を高めて生きたい(=専門性が高まれば収入UPにつながる)」という言葉に入れ替えちゃいましょう!

ただし、女性で時短勤務などを希望する人は正直に聞いたほうがいいですよ。理解のある会社とそうでない会社がありますから。ちゃんと見極めないと、後で後悔します。


3.志望理由

これはさらに3つに分けることができます。
 a)なぜその業界を志望したか
 b)なぜその会社を志望したか
 c)なぜその職種を志望したか
特に、業界・職種を変える「キャリアチェンジ」を考えている人は、面接官はそのあたりを突っ込みどころにするので、要注意!合理的な理由が求められます。
「志望理由」は「転職理由」とつなげて考えましょう。「転職理由が○○だから、それを実現する●●のような環境を求めている」という論理です。


4.今後何をやりたいか

なかなかやりたいことって思いうかばないんですよね。漠然と考えていると、ずーっと考え込んじゃいます。やりたいことが決まっていたら、人生悩んだりしないよ、という方は多いと思います。
でもご安心ください!そういう方のために丁度いいヒントがあります。
 a)マネジメント志向か、スペシャリスト志向か
 b)入社後すぐ、5年後、10年後、15年後はどうなっていたいか

これに当てはめて考えれば、将来像が浮かびやすくなります。
例えば、「自分はマネジメント志向だ。入社したらなるべく早く仕事を覚えて、バリバリやりたい。5年後にはリーダーぐらいになって、後輩を指導できるようになりたい。10年後はひとつのチームや部署を任されるようになって、15年後は○○みたいな事業を生み出して、その責任者にななっていたい!」みたいな感じです。さらに肉付けしていくと、より具体的な将来像が浮かんでくるはずですよ。


さて、ここまで「4つ」について書いてきましたが、これらを考える前提として、「自己分析」
「業界研究・職種研究」
があります。時には、これがそのまま面接の質問になったりもするので、よく考えをまとめておかなければなりません。

「自己分析」は市販の面接対策本に書いてあるので見たことがある人もいると思いますが、例えばこんな感じで考えていきます。
■あなたの長所・短所
■これまでの成功体験・失敗体験
■これまで一番うれしかったこと・悲しかったこと
■あなたが一番大事だと思っていること
・・・などなど。

ポイントは「短所を短所のまま終わらせない」「失敗を失敗のまま終わらせない」ということです。
誰でも長所と短所があります。完璧な人間などいません。しかし、あなたが面接官だったとして、「私の短所は気が短いところで、すぐにカッとなります」と言われたらどう思います?不安になりますよね?だから、短所を述べた後は、必ずその対策を言う必要があるんです。
例えば、
「私の短所は気が短いところがありますので、必ず一呼吸おいてから行動を起こすよう、日頃から気をつけています。その分、行動を起こしたら完結するまで大きなパワーを発揮できます!」とか、
「私の短所は人と接するのが苦手なところがありました。しかし、そういう面を認識して、あえて積極的に人と接するようにしていたら、いつの間にか人よりも多くの友人ができていました。」などです。
失敗体験についても全く同じことが言えて、失敗の後の対処・対策まで話す必要があります。誰でも、失敗したら次はそうならないように気をつけますよね。そこまで聞けば「失敗しても、キチンとフォローできる人なんだな」と面接官は思うわけです。
何度も言いますが、ウソは絶対ダメですよ!ばれます。仮にばれずに面接を通過したとしても、入社してから絶対にばれます。それよりも、自分を見つめなおす過程に価値があるんですから、いい機会なので紙に書き出してみてはいかがでしょう?


というわけで最後に確認ですが、面接で聞かれることは「4つ」だけ。とにかく準備をキチンとしておけば、何とかなります!何とかなると言うか、準備をする過程で自分を見つめ直し、自分の未来を考えることでレベルアップすることが大事なのです!

きっと大丈夫。あなたならできる!
次回は「話し方」について書いてみます。


posted by ポン太 at 00:21| Comment(0) | TrackBack(1) | 面接対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月20日

面接対策 その1

人材紹介会社にいた頃、私は面接対策指導をかなり得意としていました。面接対策をしなかった人・他の担当者と対策をした人と比べて、私が担当した人は高い面接通過率となっていました。
今回はそのノウハウを公開しちゃう、その1です。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

仕事を決める際には避けて通れないのが面接。面接無しで入れる会社ってあんまり聞かないですよね。

会社からすると、人を採用するっていうのは非常に大事なことで、責任のあることだと思うんですよ。良くも悪くも、その会社の命運を握るかもしれない人物を仲間に入れるわけですから、当然慎重になります。まあ、中にはガンガン採用してガンガンやめていくような会社もありますが、それでも採用には面接というハードルを課していますからね。

面接を受ける側にとってみれば、面接を通過しないと始まらないわけですから、大体の人たちがそれなりの対策を立てていると思います。

しかし、ハッキリといっておきます。
「付け焼刃的な対策は、ほとんど効果が無い」

面接官は、人事担当者・現場責任者・経営者の場合が多いです。当然、面接官のスキルにもバラツキがありますが、彼らは人や物事の本質を見るプロフェッショナルですので、うわべだけを繕っても見抜かれます。

じゃあ、対策なんて意味無いじゃん!ということになりそうですが、そうではありません。自分を見つめ直し、未来を考えることによって、自らをレベルアップさせた状態で面接に臨む。これこそが本当の面接対策なのです。

前置きが長くなりましたが、次回は「面接官が何を聞いてくるか」という視点から具体的な対策(レベルアップトレーニング)をご説明したいと思います。

posted by ポン太 at 17:17| Comment(0) | TrackBack(1) | 面接対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
正社員の仕事探しはパソナキャリア

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。