リピーターも増えてます。転職ならパソナキャリア
転職で迷ったらJAC Japan。最新求人6500件公開中。

2006年12月22日

資格は転職に有利か? その1

資格マニアというわけではないのですが、私もいくつか資格を持っています。理論を体系的に理解するという意味で、資格取得のための学習というのは効果があるんじゃないかなと思います。
モチベーションが高いから勉強する、勉強を進めるにしたがってさらにモチベーションが上がる、という好循環になると最高ですよね。資格取得に限らず、自己啓発って必要なものなんだなと感じます。

さて、今回は資格と転職に関することがテーマなんですけど、資格を取得したのをきっかけに転職を考えるという人は多いと思います。実際に、資格を取得したことによって良い転職をした人もいます。しかし、「資格を取得したことを評価されない」ケースも結構多いんです。

では、どんな資格を取得すると転職に有利なのでしょうか?
大きく分けると4つぐらいが成功のパターンではないかと思います。

1.20代前半の若手で、これまでの経験と関係ない資格を取得してキャリアチェンジ
2.20代後半以上の年齢で、これまでの経験と関係ある資格を取得して、同職種で難易度の高い職場へ転職
3.年齢関係なく、「士業(弁護士、会計士など『士』のつく資格)」へ転身
4.まったく思いもよらないケース(あまりない)

要するに、多くの場合は「若手のほうが資格取得の効果が高く、年齢を重ねるほど資格よりも経験が重視される」と言えます。また、「業務経験を積んでいる方ほど、現在の業務と関連した資格でなければ意味がない」わけです。

いずれ記事にしようと思っている、「年齢別のキャリアプラン」と関係するのですが、多くの方(特に若手)は1.2.を狙っていく事になると思います。3.は難易度が高く、ハイリスク・ハイリターンな選択ですので、強い決意が必要ですね。

今回はここまでにして、次回はもう少し具体的なケースも交えてご説明したいと思います。

ラベル:仕事 就職 転職 資格
posted by ポン太 at 15:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 資格のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
正社員の仕事探しはパソナキャリア
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。